親知らずの抜歯時間は?

実は最短1分で抜歯が可能

親知らずの抜歯は、時間をかけて処置(抜歯)すればするほど腫れや痛みがひどくなる可能性があります。では、どのようにすれば、的確に早く、痛みなく抜歯することができるのでしょうか?

やはりどんな治療でも大切なのは診査診断

親知らずの生える方向が悪かったり、炎症をくり返しているような場合は、抜歯することが適当と考えられます。抜歯の必要性を正しく診断するには、歯や骨の奥行きや幅、厚みといったデータを立体画像で詳細に把握できる歯科用CTが有効です。千賀デンタルでは全医院で歯科用CT設備を導入しており、精度の高い診断と精密な処置に役立てています。

真っ直ぐ親知らずが生えている場合の抜歯時間

上顎の親知らず抜歯

約1〜3分

下顎の親知らず抜歯

約5〜10分

難症例の場合の抜歯時間

個人差がありますが、難症例の親知らず抜歯の際には、最大60分程度かかるケースもあります。より複雑な生え方をしている親知らずほど、抜歯にはお時間がかかります。

親知らずの抜歯は、診査に使用するCT撮影なども含めて保険適応される治療です。経済的負担は少なく済みますので、親知らずが気になる方はお気軽に歯科医院へお問い合わせください。

 





記事の筆者情報

医療法人誓栄会 理事長

経 歴

  • 日本歯科大学 生命歯学部 卒業
  • 三井記念病院 歯科・歯科口腔外科 入職
  • 西新井医院 開院
  • 医療法人社団誓栄会 設立
  • 相模大野医院 開院
  • 分倍河原医院 開院
  • 巣鴨医院 開院
  • 南浦和医院 開院

所属学会

  • 日本口腔外科学会認定医
  • 日本口腔外科学会総会 演題発表
  • ストローマンインプラントセミナー開催
  • 顎口腔機能再建インプラント学会
  • 国際口腔インプラント学会 会員
  • ICLSプロバイダー
  • 歯髄バンク認定医
  • ストローマンインプラント公認インストラクター
  • ストローマンインプラントウェビナー講師